船底型大ぶりトートバッグ

船底型大ぶりトートバッグ

シュランケンカーフで作る大ぶりのトートバッグです。とにかくたっぷり収納出来ますので、荷物持ちの方にお勧めです。口前はマグネットで閉める、オープンタイプです。しっかり閉めたい方もいれば、開け閉めが面倒なので、オープンがいい、と言う方もおられます。このタイプのバッグは完全に後者向けです。

大きいバッグの魅力

大きいバッグは、贅沢にたっぷりと革を使います。それぞれの革の持つ特徴が現れやすく、革の良さを思いっきり感じられるところにあります。このトートバッグは、敢えて、ハギなど入れず、思い切って、大ぶりのパターンで革を裁っています。革の大きい面が魅力。革の迫力を感じられます。

沢山収納が出来るので、実用的という面も魅力の一つですが、革の面積が大きいので身体にフィットする部分も多くなり、革の柔らかさや弾力を感じられるのも大きいバッグならではかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする